2018年06月15日

カウンセリングを受けるハードル

長く通っているA子さん、

強迫性障害で10年以上精神科や心療内科に通っていました、

リタリンも処方されて精神科への不信感は強かったと言います。


カウンセリングと催眠療法で強迫症状は軽くなっています、

最近の会話の中で「もっと多くの人がカウンセリングを受ければよいのに」と言われました。

私は、

「カウンセリングを受けるハードルはまだまだ高いと思うよ」と答えました。

「どんな人間が話を聴いてくれるのか、確かなカウンセラーなのか分からないじゃない」

そこで始めに書いた医療不信の話が出ました。


A子さんは夫に勧められなければ私のところへは来なかったと言います、

医療に対する不信感はカウンセリングへの不信感にもなっていたと言います。


素性のわからない所へ相談に行くのは勇気がいるでしょ、

カウンセリングへのハードルはまだまだ高いと思いますよ。


確かにそうですねと納得するA子さんでした。

怪しいカウンセラー→にほんブログ村 心理カウンセリング←ランキング参加中

神戸・山手心理相談室のHPはクリック
posted by センセ at 14:30 | TrackBack(0) | 心理関係