2017年12月15日

やぶ医者とやぶカウンセラー

ある女性相談者の話、

緊張するとお腹の調子が気になりトイレに行きたくなります。

心療内科で言われたことは、

それで死ぬことは無いから気にするな、でした。

「それってひどくないですか」と怒っておられます。

カウンセリングに行ってもただ聞いてくれるだけで手応え無し、

1回行っただけです。


お腹の調子が気になるのって大変なことじゃないか、と言うと、

「そこなんですよ分かってもらいたいのは、

他人事だから真剣に聞かないんですか?おかしいですよね。」


当たりの医者やカウンセラーを見つけるのは難しいねえ。

「そうなんですよ、カウンセラーのホームページには都合の良いことしか書いてないでしょ、
 
どこも怪しく見えますよね。」



いい加減なカウンセラーが増えることは業界の信用を落とすことになります、

医師の資格が有ってもやぶ医者がいるように、

資格の有る心理カウンセラーにもやぶは沢山います。

真摯に取り組まなければ→にほんブログ村 心理カウンセリング←ランキング参加中

神戸・山手心理相談室のHPはクリック
posted by センセ at 13:13 | TrackBack(0) | 心理関係

2017年11月30日

自殺の条件

2016年の自殺者数は2万1764人、

私が心理カウンセラーになってからは3万人台が続いていたので随分減りました。


昔習ったことに「自殺する人の条件」があります、

1)耐えがたい苦痛
2)その苦痛が終わるとは思えない
3)自殺の歯止めになる人(親兄弟や宗教)などが無い


この条件が満たされると自殺の危険性が高まると習いました。

これを知っていると危機介入が可能になりますが、

知らないカウンセラーの方が多いのでは無いかと思います。


最近は「死にたい」と漏らす相談者はいますが、

「消えてしまいたい」と言う人の方が増えているように思います。

「死」には恐怖や苦痛が有りますが、

「消えてしまう」ことの方には恐怖や苦痛を伴わないのでしょうか。

どちらにしても自殺は止めなければなりません。

死んだらあかんで→にほんブログ村 心理カウンセリング←ランキング参加中

神戸・山手心理相談室のHPはクリック
posted by センセ at 11:27 | TrackBack(0) | 心理関係

2017年11月11日

神戸の小学校長の盗撮

教師による学校内外での盗撮はネットのニュースでよく見かけます、

教師の不祥事はニュース性が有り実名も出やすい。

神戸市立小学校長(59)の地下鉄内での盗撮も実名でニュースになっていました、

校長は盗撮現場でデジカメからSDカードを抜き出しその場で破壊、

警察で復元すると以前の盗撮まで発覚、

校長は「身に覚えが無い」と容疑を否認。


スカート内の盗撮は、

子供がするスカートめくりの延長上にあるのではないか、

スカートの中がどうなっているのか見たいという幼稚な興味、

子供はスカートをめくりますが大人はスマホやデジカメで撮影。


上記の逮捕された校長は、

幼稚な部分を持ったまま教師になり校長になってしまったのでしょう、

もっと言うと、

幼稚な部分が成長しきれなかったので学校という世界から出ることが出来ず、

無意識的に就職先を学校にしたのかも知れません。


盗撮は繰り返し行われます、

「身に覚えが無い」とうそぶかず反省し、

二度と繰り返さないように適切な心理療法を受けた方が良いです。

性癖は繰り返す→にほんブログ村 心理カウンセリング←ランキング参加中

神戸・山手心理相談室のHPはクリック

posted by センセ at 14:23 | TrackBack(0) | 心理関係

2017年11月05日

催眠は睡眠とは違いますよ

電話の問い合わせで「睡眠療法」を受けたい、

と言われる方があります。

お越しになった方にも「意識が無くなりませんか?」

と質問されることがあります。

催眠を「睡眠」と勘違いし催眠にかかると寝てしまうと思っているんですね。


催眠中は意識があります、

意識があるので暗示の言葉に反応できるのです、

催眠をかけている人の言葉に集中している状態が催眠です、

周囲の音などが気になっていない状態です。

寝てしまうと暗示の効果が無いです。


テレビに出ている催眠術師が催眠を覚ます時に、

「おはよ〜」と覚醒の言葉を使っていることがありますが、

睡眠に導入しているのでは無いので間違った覚まし方ですね。

下手な催眠術師に多い→にほんブログ村 心理カウンセリング←ランキング参加中

神戸・山手心理相談室のHPはクリック
posted by センセ at 13:51 | TrackBack(0) | 心理関係

2017年10月11日

三流安物カウンセラーを選ぶ相談者

昔担当していた女性相談者、

職場でレーシック手術を受ける話が進んでいると言われた、

ネットで探しては情報交換した末に受ける所が決まったとのこと、

決め手は「とにかく安い所」でした。


カウンセラー選びも同じような感じで、

とにかく安い所に行く方がおられます、

行ってはみたものの的外れな応答をされ何も変わらず、

行くのを止めた方が少なからずおられます、

自分で選んだのだから仕方ないですね。


ホームページやブログを読み込めば見分けが付くこともあるはずです、

安さを売りにするカウンセラーは集客に必死、

都合の良いことばかり書いていると思いますよ。

勉強代です→にほんブログ村 心理カウンセリング←ランキング参加中
神戸・山手心理相談室のHPはクリック
posted by センセ at 13:08 | TrackBack(0) | 心理関係

2017年09月22日

治療を受けない人達

NHKおはよう日本で放送していました、

精神疾患で治療を受けない人達が全国に400万人いるそうです、

家族が世間体を気にして受診させなかったり、

長年の引きこもり等で受診できなかったり。


私の相談者にも受診しない人がいるので珍しいとは思いません、

病院に行くよう勧めても聞く耳を持たない人もいます。

被害妄想で病院のスタッフが自分のプライベートを噂するので行かなくなった人、

薬は体に良くないといって服薬させない母親、

精神病に無知で妄想を御祓いで消そうとする家族。

中には急激に悪化して暴れたり自殺を図る人もいます。

おかしいと感じたらすぐに受診して欲しいと思っています。

受診しないならカウンセリングしませんよ→にほんブログ村 心理カウンセリング←ランキング参加中

神戸・山手心理相談室のHPはクリック
posted by センセ at 12:39 | TrackBack(0) | 心理関係

2017年09月20日

話しやすい or 話しにくいカウンセラー

独身の女性相談者Aさんに言われた、

「ここ(相談室)は何でも話せてしまいます」。

カウンセリングルームなので安全で安心して話せるのは当然だと思っていると、

「以前のカウンセラーは話しにくかった」とも言われた、

話しにくいので行くのを止めたそうです。


病院でも話せなかった自分の「痔」が「ここでは」自然に話せたと言うのです、

(そりゃあ恥ずかしいわね)

「何が違うんでしょうか?」と聞くので、

腕の差なんじゃないと腕をポンポンと叩くと笑っていました。

(この女性は「痔」が主訴では無いが自然に話題になった)


ある男性は帰り際に、

「カウンセラーによって全然違うんですね」と言われた。

何が?と聞くと、

「ちゃんと聞いてもらえた気がする」と言い、

前述の女性のように他の相談室は行くのを止めたことを聞かされました。


カウンセラーが相談者にうまく寄り添うことが出来ておれば良いのですが、

寄り添うことが下手なカウンセラーは見限られるのかも知れません。

痔は早く治しましょう→にほんブログ村 心理カウンセリング←ランキング参加中

神戸・山手心理相談室のHPはクリック
posted by センセ at 13:39 | TrackBack(0) | 心理関係

2017年09月01日

診断基準を持たないウンセラー

いつ見かけたのか忘れてしまいましたが、

「診断はカウンセラーによってまちまちなので好きなように診断する」

といった内容が書かれたカウンセラーのブログを見ました。

ふ〜ん、この人は共通する診断基準を知らない人なのか、

怖いなあと思いました。


自分はDSMを用意しており、

迷うような時などはDSMで確認するようにしています。

特に病院を紹介する時や他職種と連携する場合、

警察の捜査依頼や裁判所へ意見書を出す場合などは診断の基準ははっきりさせる必要があります。


カウンセラーの症例研究などでも、

診断基準がまちまちということは考えられず、

特殊な症例を除き診断は同じになるかと思います。


趣味でカウンセラーを名乗るにしても、

一般の人向けに「診断はまちまち」と公言するのはいかがなものかと感じます。

スーパーバイズなど知らないのでしょう→にほんブログ村 心理カウンセリング←ランキング参加中

神戸・山手心理相談室のHPはクリック
posted by センセ at 14:43 | TrackBack(0) | 心理関係